梁田清之の死因は病気か!?生前の喉のかすれと関係があった?

男性芸能

2022年11月21日、梁田清之(やなだ きよゆき)さんの訃報が報告されました。

報道では彼の死因については触れられておらず、気になった方も多いのではないでしょか?

一部では生前のどが枯れていたという声多いようなので、今回の死因と関係があるのか調べていきます。

梁田清之の訃報

2022年11月21日梁田清之さんの訃報は、友人である声優の真殿光昭さんがツイッターで発表した事で判明しました。

梁田清之さんといえば日本を代表する声優で、スラムダンクのゴリを担当した事で知っている人も多くファンも多いので、ネット上では悲しみの声が多く上がっています。

ネットでも梁田清之さんの訃報を報じられていますが、死因については何処を見ても触れられてない為不明となっています。

梁田清之の死因は病気か!?

一体梁田清之さんの死因は何だったのでしょうか?

日本人で多い死因は以下の通りです。

  1. がん
  2. 心疾患
  3. 老衰
  4. 脳血管疾患
  5. 肺炎

日本人の死因で一番多いのは癌で、2番目は心疾患で、3番目は老衰となっています。

死因の第3位に老衰が入っている所を見ると、高齢化が進んでいる事を実感しますね。

梁田清之さんは57歳という若さで亡くなってしまっているので、老衰で亡くなってしまった可能性ははありえません。

死因が判明していない為、何とも言えませんが日本人の死因の大半を占めているがんや心疾患で亡くなってしまった可能性もゼロではないでしょう。

梁田清之の死因は喉のかすれと関係があった?

梁田清之さんについてネット上では「声が変わった」という声が多く上がっています。

今回の死因と何か関係あるのしょうか?

喉の病気には以下のような病気があげられています。

  1. 上気道炎
  2. 喉頭蓋炎
  3. 亜急性甲状腺炎

上記の3つの他にもいくつか喉の病気は挙げられますが、どれも死に直結するような病気はありませんでした。

しかし、喉が掠れる事が前兆となっている病気があったので紹介します。

それは、大動脈瘤です。

大動脈瘤とは・・・
大動脈にこぶができる病気。放っておくと破裂して死に至ることもある病気

大動脈瘤のサインとして「声がかすれす」人がいるそうで、声の調子が悪くて耳鼻科に見てもらったら大動脈瘤が発見できて命が救われたというケースもあったそうです。

梁田清之さんも生前声が変わったと言われていたので、何かの病気のサインだったのかもしれないですね。

梁田清之の訃報にネットの声

まとめ

今回は、「」というテーマでお届けしましたが、梁田清之さんの死因については明かになっていません。

ネットでは生前声が変わったと言った声が多く上がっていたので、調べてみましたが今回の死因と直結する情報は見つかりませんでした。

梁田清之さんのご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました