【特定】正源司陽子の中学・高校は金蘭千里中校で偏差値が高すぎる!

女性芸能

日向坂46の4期生として正源司陽子(しょうげんじ ようこ)さんが入ることが発表されましたが、彼女の中学・高校はどこなのでしょう?

調べてみると金蘭千里中学校ではないかと言われていることが分かりさらに、偏差値を調べた所かなり優秀な学校ということが分かりました。

今回は、正源司陽子さんの出身中学について紹介していきたいと思います。

正源司陽子のプロフィール

●名前:正源司陽子(しょうげんじ ようこ)
●生年月日:2007年2月14日
●血液型:B型
●出身地:兵庫県

日向坂46の公式YouTubeで3人目の4期生として正源司陽子さんが加わることが発表されました。

正源司陽子さんは兵庫県出身で2007年2月14日生まれです。

発表がされてすぐにネットでは可愛いと話題になっていますが、彼女の中学についても話題になっているようです。

彼女の中学は何処なのでしょうか?

正源司陽子の中学・高校は金蘭千里中学!?

正源司陽子さんの出身中学は金蘭千里中学校ではないかと言われています。

ツイッターで調べてみたところ以下のようなツイートを発見しました。

ツイートによると今回日向坂46の4期生として加入した正源司陽子さんと同名の子が受賞していることが分かります。

さらに年を見てみても今から二年前に受賞しており、受賞した時の学年が1年生となっているので年齢も一致していることが分かります。

さらにさらに金蘭千里中学校を調べてみた所、大阪府の中学という事が分かりました。

正源司陽子さんも兵庫県出身と同じ関西なので、以上の3つが一致している事から正源司陽子さんの出身中学は金蘭千里中学校と言えるでしょう。

金蘭千里中学校は中高一貫校となっているので、そのまま高校に進学する可能性もありそうです。

正源司陽子の出身中学の偏差値が高すぎる!

正源司陽子さんの出身就学が金蘭千里中学校と特定されましたが、一体どのような中学なのか見ていきましょう。

学校名:金蘭千里中学校(私立中高一貫校)
所在地:大阪府吹田市藤白台5丁目25-2
偏差値:61
学費:88万円/年

金蘭千里中学校は私立の中高一貫校で、大阪府吹田市藤白台5丁目25-2に位置しています。

近くには万博記念公園や、茨木カンツリー倶楽部などがある場所となっています。

次に偏差値をみてみると、61とかなり優秀なことが分かります。

偏差値61と言えば上位15%ぐらいになり、名古屋大学・早稲田大学・同志社大学といった難関大学に入れるレベルとなっています。

大学名を聞くとどれだけ偏差値61が凄いのかが分かると思います。

金蘭千里中学校の偏差値が高い理由

金蘭千里中学校について調べてみた所、偏差値が高い理由が判明したので紹介してます。

1.  クラス約30人の少数制で授業効率をアップ
2.年間授業時間が1260時間
3.国語・数学・英語・理科・社会は毎日テストを実施
4.学習習慣をつけるため毎日20分テストを実施

金蘭千里中学校の年間授業時間は1260時間となっており、学習指導要領で決められた時間の1.4倍の授業をしている事になります。

これだけ学力に力を入れていたら偏差値が高いのも納得ですね。

正源司陽子にネットの声

既に可愛いと話題になっていますね。

可愛いだけでなく、学力もあるので人気がでるのは間違いなさそうです。

正源司陽子という名前かなり珍しすぎて印象に残りますよね。

名前も可愛さも相まって人気がでるにおいがプンプンしますね。

丹生明里さんの誕生日が2月15日なので確かに1日違いですね。

丹生明里さんは日向坂46を代表する人気メンバーなので、正源司陽子さんも丹生明里さんのように人気メンバーになるといいですね。

正源司陽子って名前覚えやすいですし、画数的にも大吉なのでほんといい名前ですね。

今後の活躍から目が離せなさそうです。

本当に珍しい名前ですし、可愛いですよね。

きらこさんと比べてみると確かに似ています。

印象に残りやすく、覚えやすい名前ですよね。

なぜか彼女には魅力を感じる部分があるので、日向坂46を代表するメンバーになることは間違いなさそうです。

今後の活躍が楽しみですね。

まとめ

今回は、「【特定】正源司陽子の中学・高校は金蘭千里中校で偏差値が高すぎる!」というテーマでお届けしましたが、彼女の出身中学は金蘭千里中学校ということが分かりました。

金蘭千里中学校は偏差値61とかなり優秀な中学校で、同じ日向坂46の影山優佳さん2世と言われてるみたいです。

可愛くて、頭の良い正源司陽子さんの今後の活躍に注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました